光の方へ・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 【お仕事】ニュートンムック、ニュートリノ特集号のこと

<<   作成日時 : 2016/01/17 15:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ニュートリノ」を知っていますか?

まったく意味はわからなくても、聞いたことがある名前ですよね?
昨年のノーベル物理学賞を取られた梶田先生や、カミオカンデで有名な小柴先生が、ニュートリノ研究に関わる研究者です。日本は、ニュートリノ研究でトップを走り、研究の主導的な役割を果たしているんです。

そして、CP対称性の歪みとかなんとか、聞きなれない研究でノーベル賞を取られた南部先生のご研究も、実はニュートリノ研究につながっているんだそうです。

ニュートリノってとっても遠い世界の話だって思ってますよね?
難しいからよくわからないし、偉い学者先生が頑張って見つけてくれているものだって。
どんなものかも、なんの役に立つのかも全くわからないって。
私も物理は門外漢なので、そう思ってました。

ごめんなさい。


でも、ニュートリノは、今この瞬間も、私の周りにもあなたの周りにも宇宙から降り注いでいるもの。
そして驚くことに、あなたの体からも私の体からも、ニュートリノが出ているんだそうです。
びっくりですね。

つまり、遠くにあって関係ないと思っていたものが、本当はすごく身近にあったということ。
赤の他人だと思っていた校長先生が、実は自分のお父さんだった。って感じの衝撃です。(⇦なんのこっちゃ)


そんなよくわからないけど実はとっても身近だったニュートリノについてまとめて読める書籍が、ニュートンから発売されます。
2016年1月18日発売のニュートン別冊は、ニュートリノの特集号。
「物理学をゆるがすニュートリノ」
です。
平易な文章で、わかりやすいイラストを用いて解説してくれることで定評がある科学雑誌ニュートン。ムックもそのスタイルは健在です。

私も一本取材して、記事を書いています。
壮大な、宇宙の始まりを探る研究の一端を担っているニュートリノ研究。
研究者たちの熱い情熱が紙面から溢れてきます。


ニュートリノ、よくわからないけど興味はある。ちょっと一冊読んでみようか。

という方は是非。お手にとってご覧くださいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【お仕事】ニュートンムック、ニュートリノ特集号のこと 光の方へ・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる