光の方へ・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 蚊の季節

<<   作成日時 : 2010/09/23 04:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ようやく涼しくなってきたなぁ〜

と思っていたら、9月に入って急に蚊に刺されるようになってきました。


夏にはいなかったはずなのに・・・という感覚は、実は本当でした。

今年の夏は、猛暑過ぎて蚊が15〜20%近く減少していたそうなのです。
それもそのはず、あまりの暑さで、蚊の幼虫(ボウフラ)が、その生息域である水たまりごと干上がり、その数を減らしていたから。
蚊の卵は、2〜3日で孵化してボウフラとなり水たまりでしばらく生活。サナギを経て2週間ほどで成虫になるのだそうです。

その水たまり(古タイヤの隙間や、バケツの水など思わぬところ)が干上がっていたら、蚊の発生を抑えられるのですね。

そんなこんなで、今年の夏は蚊が少なかったのだそうですが、ようやく涼しくなって活動再開!

って感じなのだとか。


大迷惑です。



蚊と呼ばれるあの忌々しい生き物は、ハマダラカ属、イエカ属、ヤブカ属、ナガハシカ属など35属にも分かれており、世界的にみると約2,500種もが存在するのそうです。
日本にも、約100種も存在するのだそうです!!!

しかし、一概に蚊といっても、全ての蚊が吸血するわけではありません。
日本の蚊100種の中でも、吸血するのは約30種程度です。
よく見かけるのは、日中の森などで見かけるヒトスジシマカと、夜行性で住宅街の寝室に出没するアカイエカの2種。
どちらも、見かけるだけでイライラする生物です。

先日、ゴキブリは3億年も前からいた、という話を書きましたが、蚊も相当前から棲息していた昆虫です。

蚊の最も古い化石は1億7千万年前の中生代ジュラ紀の地層から発見されているそうです。


以前、琥珀の中に封じ込められていた蚊から、恐竜のDNAが採れないか?という研究がされていました。
結果的にダメだったように記憶しているのですが、ジュラ紀の蚊は、恐竜から吸血していたのでしょうか…


そもそも、蚊の場合、吸血するのはメスだけです。(オオカ亜科は、メスであっても吸血しない)。
蚊は通常、植物の蜜や果汁など、糖分を含む液体を食事にしています。しかし、産卵前のメスは、卵の発達に必要なタンパク質を得るために、動物から吸血するのだそうです。
吸血の対象はヒトを含む哺乳類や鳥類で、種類によっては、爬虫類や両生類、魚類(!)からも吸血するらしいです。
二酸化炭素の排出を感知して寄ってくるそうで、体温が高く呼吸を盛んにしている運動後などに、より刺されやすくなるのだそうです

前々から、

血ぐらい吸わせてやるから痒いやつ入れるのは勘弁してくれ!!!!

と思っていたのですが、何とかならないものでしょうか。
その痒み成分というのは、蚊の唾液です。
蚊は、血を吸う前に唾液を注入し、その唾液ごと血液を吸います。
唾液には、血液の凝固を防ぐための物質が種々入っているそうで、これを混ぜておかないと、血液が蚊の体内で固まってしまいます。

つまり、この唾液がいけないのです。


人体に入った唾液がアレルギー反応を起こし、赤く腫れ痒くなる
のです。


ということで、蚊に刺されても、刺された瞬間(つまり唾液が入れられただけの段階)よりも、蚊の体が赤くなるのを待って(吸血された状態)から排除した方が痒みが少ないということのようです。吸血とともに、唾液も蚊の体内に戻っていくから、というのがその理由ですが・・・

そこまでなかなか待てませんよね・・・

でも、実際にその方が痒くないのなら、もちろん実践していきたいと思います。

ついでに、

蚊を叩き落す際、上から潰すと唾液が体内へ流れ込むため、指で弾き飛ばすと、痒みを抑えることができる。

なんてトリビア的なこともWikiに記載されていました。
ほんとですかね。
機会があったら試してみて下さい。

いや、無いに越したことはありませんが。



蚊の駆除のためには、蚊の産卵を抑えるため、家の周りにたまり水を作らないのが一つの方策です。
でも、移動距離が1キロもあるなんて言われると、ちょっとやる気を失いますが・・・

時にはマラリアやアフリカ睡眠病などの病気の媒介となる蚊。
絶滅していただくわけには…
いかないですよね・・・


蚊の羽音で眠れない夜には、仕方がないので蚊の生態についてお勉強

蚊學ノ書 (集英社文庫)
集英社
椎名 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蚊學ノ書 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



蚊の科学 (おもしろサイエンス)
日刊工業新聞社
荒木 修

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蚊の科学 (おもしろサイエンス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



蚊の不思議―多様性生物学
東海大学出版会
宮城 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蚊の不思議―多様性生物学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
例年一番暑い時期には蚊がいないので、暑いと蚊も生きていけないのだろうと思っていたのだけど、単に水溜りが干上がるからなのか。

最近、刺されたらすぐに40度くらいのもの(お茶のはいった湯のみとか)を当てると痒くならない、という説をよく見るのだけど、どうなのでしょうね
きくまこ
2010/09/23 09:53
ほんとですか?

うーん・・・40度というのに意味があるのでしょうね。
唾液の酵素が失活する?とか?
お風呂に入ったりすると血行が良くなって余計に痒くなるような気がするんですけど・・・
まや
2010/09/23 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
蚊の季節 光の方へ・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる