光の方へ・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋するアジサイ

<<   作成日時 : 2010/07/12 03:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

7月も中旬に入りました。
梅雨の真っただ中。毎日湿度が高くて蒸し暑い嫌な天気ですね。
しかも、一部の地域にまとまった雨が降るというのが今年の梅雨のようです。
皆様のお住まいの地域はいかがですか?

しかしこの梅雨。いわゆる雨季なわけで、自然界には必要な大切なレイニーシーズン。
この時期に雨が降らないと、夏に水不足になって大変なことになってしまいます。

そして、雨に打たれるこの花も、雨があるからこそ美しく咲き誇ります。

画像


雨に咲く花のはずなのに、漢字で書くと「紫陽花」なんですよね。
なんだか太陽が大好きな花のようです。
唐の詩人である白居易が別の花に付けた名に、平安時代の学者(源順)がこの漢字を間違ってあてはめてしまったからなのだそうです。本来は、ライラックに与えられる名前だったと聞いて、ちょっと納得。

白居易といえば、玄宗皇帝と楊貴妃の物語を詩にした「長恨歌」が有名ですね。
彼の詩は、平安時代に大ベストセラーになったようですから、紫陽花の漢字もその時に定着してしまったのでしょう。


学名のHydrangeaは「水の器」という意味だそうで、アジサイには、やはり雨が似合うのかもしれません。
一般的に見るアジサイは、西洋アジサイと言われる種類で、日本の沢沿いなどに咲くガクアジサイを改良したものです。

原種のガクアジサイとは少し違いますが、ガクアジサイはこんな感じ。大きな花がついているのは周辺部分だけです。

画像


でも実は、このネーミング変なんじゃないかと思っている人は、私だけではないはず。

実は、アジサイの花だと思われている部分(水色の大きな部分)は、花ではなくガク。
装飾花と言われる場所です。
ガクアジサイの花輪の中央部分、小さな線香花火みたいな花が、本来の花なのです。

だから、ガクアジサイって名前こそ、西洋アジサイにつけるほうがいいんじゃないかなぁ、と思うわけです。
どうでしょう?


アジサイの栽培をする人には、「土壌が酸性ならば青、アルカリ性ならば赤になる」と言うのは有名話ですが、そう簡単でもないようです。
土壌のpH(酸性度)とそれに伴うアルミニウムイオンの濃度によって変わるというのは確かで、色素の一つアントシアニンが、アルミニウムなどの金属イオンと結びつくことで青くなるので、花の色が酸性下で(アルミニウムイオンが溶け出すと)青くなると言うのには根拠があります。
ですが、花自体のもつ酵素や補助色素などによっても、色の出方が違うようです。

まぁ、簡単にわかってしまうようでは、栽培の面白みがなくなってしまいますね。
偶然を楽しむのも、花卉園芸の楽しみの一つです。

最近は、北米原産のこんな変わったアジサイも人気です。

画像


カシワバアジサイと言って、葉っぱが柏餅の柏に似ているのでその名前があります。
房状に垂れ下がる、星をたくさん重ねたような花が可愛いですね。

そして、アジサイですが、葉っぱを料理などに使うのは考えものです。中毒症状を起こすことが知られているからです。

もちろん食べるなんて論外ですが、装飾のためにアジサイの葉を料理に添えるのも控える方がよさそうです。
というのも、葉には青酸配糖体の一つで、先日の青梅の記事でも紹介したアミグダリンが含まれています。その他、同じく青酸配糖体の一つ、グリコシドも含まれています。

中毒になる原因がこれであるという確証はないそうですが、敢えて危険を冒す必要はありません。

美しい花は眺めているだけの方が良いのかもしれません。
アジサイの色は、咲き終わりになるにつれて赤くなる傾向にあります。


アジサイが恋をすると、もうすぐ暑い夏がやってきます。


鉢植えでも簡単に栽培できるアジサイ。ひとついかがですか?


アジサイ (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
日本放送出版協会
川原田 邦彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



アジサイの種類はとても豊富。
眺めているだけでも楽しい図鑑です。


日本のアジサイ図鑑
柏書房
川原田 邦彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



シーボルトも、オタクサという学名をつけて愛したというアジサイの花。
オタクサというのは、彼の奥様、「お滝さん」から来ているそうです。
愛好家が多いのは、書籍の多さからも実感できます。


アジサイの世界―その魅力と楽しみ方
家の光協会
日本アジサイ協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
え、あれはガクなの?
知らなかった。花やと思ってましたよ。
まあ、ガクのほうが派手な花はほかにもあるから、不思議ではないですけど、だまされたな
きくまこ
2010/08/22 20:32
ガクなんですって。
きれいだから花に見えますけどね。
まや
2010/09/04 00:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
恋するアジサイ 光の方へ・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる