光の方へ・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨でカビる…?

<<   作成日時 : 2010/06/29 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

あっというまに6月も明日で終了です。早いですね。
毎日更新しようと思っているブログですが、あれれ??気がつけばもう2週間以上も放置状態…すいません。

今日もすごく蒸し暑くて嫌な気分です。ついで(?)なので、梅雨について考えてみました。

みな当たり前のように「梅雨」「つゆ」と当て字で読んでいますが、なんだか不思議な感じがします。
意味は分かります。「露」なのでしょう。
子供の頃、小学校の壁が結露でぷくぷくに膨らんで、所々剥げていたのを思い出しました。

そう、結露の露ですね。

湿度が90%を超えると、壁にじめっと水滴が付くような状態になります。

では「ばいう」の方はどうでしょうか。

梅の実が実る時期、というのが考えられる一番の語源です。
早春に花が咲く梅は、ちょうど6月ごろ、青梅の状態で収穫され梅酒や梅干しとして加工されます。
その頃の雨なので「梅雨」。とってもきれいな名前ですね。

調べてみて、もっともらしいけどなんとなくいや、というのを発見しました。

それが、「黴雨」の漢字をあてた「ばいう」です。
文字通り、じめっとして黴が生える状態をいっています。
中国では、本来、こちらの漢字が使われていたようです。
梅の原産地は中国。長江の中流域(湖北省)の山岳部と言われています。ですから、中国人が梅を知らなかったわけではないはず。
日本的美意識で、「梅」に変換されたのでしょうか。
どちらにしても・・・良かったですね。

こんなに蒸し暑くてけだるい日が続く中、新聞やニュースで「黴雨」なんて字を見たら、ますます気分がうつうつとしてきますから。

梅雨の時期、頻繁に耳にするのが「梅雨前線」という用語。
前線、というのは、最前列を意味する言葉です。

暖かい空気と冷たい空気がぶつかると、大気の状態が不安定になって前線が発生します。
青い三角形で表わされる寒冷前線と、赤い半円で表わされる温暖前線ががっちり組み合わさって動かない場所。
そこが停滞前線。梅雨前線といわれている場所です。
同じような現象は他の季節にも起きて、秋には秋雨前線とか呼ばれます。

寒冷前線は、冷たい空気なので、暖かい空気よりも下に入ろうとします。その潜り込む際に、気温の差で雲が生じて雨が降ります。

この時期の日本は、北の乾いた寒気と、南の湿った暖気の勢力がほぼ同じで、どちらにも動かない状態になっています。そのために、ちょうど本州に沿うような形で、停滞前線が文字通りの停滞をしてしまうのですね。


早く、夏にならないかなぁ。

画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
梅雨でカビる…? 光の方へ・・・/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/03 21:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨でカビる…? 光の方へ・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる